人気ブログランキング |

桜餅/長命寺と道明寺

小麦粉を焼いた生地で餡をくるみ、さらに桜の葉を上から巻いたものが”桜餅”として向島の長命寺で参拝客用に作られたのが始まりで江戸で流行し、これが関西方面に伝わる過程で小麦粉で焼いた生地が道明寺粉(餅米を砕いたもの)に変化したため二種類の桜餅が存在するようです。
e0176460_109332.jpg

e0176460_10101162.jpg

  by studio-ur | 2017-03-27 10:10 | Comments(0)

<< 胴吹き桜 うるいとトマトのサラダ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE